こつぶの戯言

30代 独身 無職 ♀ 生きるのがとても下手な人のつぶやきです。

壊れる人間

人の命を奪ったり、自分を殺したり。

理解できない人も多いかと思います。

私も人の命を奪う人の気持ちなど1ミリもわかりません。

  

でも、それほどまでに人間は壊れることが出来る

ということだけは

心のどこかで理解しておくべきことなのかもしれない。

  

自分の大切な人や身近な人が突然壊れることもあるかもしれない。

自分は絶対に大丈夫と思っていても、いつ誰かに、もしくはなんらかのきっかけで壊れていく可能性もゼロではないことを、心のどこかに留めておくべきことなのかもしれません。

  

人は案外、脆い生き物なのかもしれません。

人の心を壊すのは簡単なのかもしれません。

だからこそ、言動ひとつひとつに気を付けながら他人と接しないといけない。

それが出来ない人が他人を傷つけ、自分も周りから疎外される。

でも、言動ひとつひとつに気を付けている人は、気疲れして他人との交流がうまくできなくなったりする。他人の言動ひとつひとつを気にするタイプも多いから。

自分で自分を苦しめていくタイプ。

ある程度、楽観的に生きられる人が人生を上手く歩いていけるのかもしれない。

  

人生なんて、楽しまないと損なんだけど。

私みたいにあれこれと無駄に考えすぎるタイプは人生を上手く楽しめないタイプ。

  

どうせ遅かれ早かれ終わる命

気楽に気軽に生きたいですね。

でもそれを許してくれない世界。

それが 生きる ということなのでしょうか。

  

先ほど部屋の掃除をしてアルコール消毒をしたので少し気分が悪いです。

風通しの悪い場所に家が建っているからカビが生えやすいし、窓を開けてもなかなか喚起できない。

ちなみに私は一気に掃除ができません。動ける時間が少ないので、動けるときにやれるぶんやる、という感じ。

一気に掃除が出来たら気持ちがいいんだろうなぁ。

一部だけ綺麗で他はまだ埃があったり。

う~ん…すっきりしない。

  

こつぶ