こつぶの戯言

30代 独身 無職 ♀ 生きるのがとても下手な人のつぶやきです。PCからの閲覧おすすめ。

好きな人や物に囲まれていると…

可愛いものなど、好きなものを身の回りに置いていると自然と少しだけ気分があがる。

持ち歩く小物類は安くてもいいからかわいくて気に入っているものにして、

作業をする机周りも可愛いインテリアで飾っていると気持ちも上がる。

  

人間関係だってそう。

私の人間関係は幅狭い。でも、みんな好き。

苦手な人は遠ざけてしまうので、自然と好きな人たちに囲まれるようになった。

(※でもこれにはデメリットもあるのでご注意ください)

  

まず、年下の可愛い既婚者さん。

年の離れた妹と同じくらいだったかな、でも旦那さんは私よりも年上。デキちゃった結婚…ではない。職場恋愛の末にご結婚。年齢差に驚きました。

いろいろと悩まされているようだけれど、このご夫婦は自然と応援したくなるのです。

あくまでもお友達である年下の女の子視点からしかふたりの様子はわからないけれど、

このお友達が一生懸命で、旦那さんの愚痴もあるけれどなんだかんだで愛していて、あたたかいの。

  

私は 結婚=幸せ

と、全く思ったことがないので、なかなか憧れるご夫婦と出会うことはないのだけど、彼女の場合は憧れて…はいないけれど、なんだか可愛いご夫婦に思えて応援したくなるのです。(応援って何様?笑)

  

それから、恋愛に不器用な幼いころからの同級生♀

学生時代は友達の友達、という関係性だったように思います。2人で遊んだこともあったけれど、数回程度だったような。

それが大人になった今、さしで飲みにいったりしている。

彼女はべっぴんさん。そして正直者で、はっきりと物を言う、裏表のない人。

職場のおばさんと口論になってバケツにくんだ水をぶっかけてやった、という話は私には刺激的過ぎて忘れられない。水をぶっかけるなんて、ドラマの世界だけだと思っていたから。それも笑いながら面白おかしく愚痴りながら言うの。嫌いにはなれないよ。笑

でも恋愛に関しては全然で、彼女も独身。彼氏無し。

家庭は複雑だし、彼女は子供がほしいらしく、とても焦ってる。

それなのに

私のことを心配してくれる。定期的に「元気にしてるの?」「最近どう?」と聞いてきて、私に男性を紹介しようとするの。「お互いがんばろうね。幸せになろうね」彼女の口癖。

私のことはいいから、自分が幸せになることだけを考えてほしい。

彼女には心から幸せになってほしいと思う。

  

私のいいところ(あるの?)も、悪いところも知っていて趣味の合う男友達も、

「食事行かない?」と声を掛けたら90%の確率でOKくれて、いいって言ってるのに毎回おごろうとしてくれて(無理言って交互におごり合いしています)悩みも聞いてくれるもうひとりの男友達も、

  

その他の方々も(少ないけど長くなるので割愛)

  

大好き。

  

嫌いなものを遠ざけて好きな物ばかりを周りに置くと、ストレスもほとんどなく、快適に過ごせます。

でも気づいたことがあるんです。

嫌いなもの、苦手なものを遠ざけていると、

ストレス耐性ができない。と。

  

私は苦手なものを遠ざけてきたせいで、

苦手なものに出会ったときのストレスが凄いの。

遠ざける以外、対処方法を知らないから、もしも遠ざけることができない苦手なものや人と出会ったとき、私はストレスに押しつぶされて剥げてしまうでしょう…。

ストレスに対して弱いまま大人になってしまいました。

  

だから、人は成長するためにも少なからず苦手な物もそばに置いておくのが一番いいのかもしれない。

  

こつぶ