こつぶの戯言

30代 独身 無職 ♀ 生きるのがとても下手な人のつぶやきです。

心は死にたがっても、体は生きたがる。

知り合いが言いました。

「昨日立ち眩みがしてさぁ、しばらく動けなかった。やばいわ」

  

私は思いました。

それ、私、週に4日はある。

※言わなかったけど。

私の方が不幸ですアピールをしだす人、好きではないから。

関係ないから。彼女の悩みに私の悩みは関係ない。

   

立ち眩みやめまいなんてよくあること過ぎて、普通に思っていたことにヤバさを感じた今日この頃です。

でも数年間それで生きてきた。

人間って案外タフなのかも。

ううん、私がそうなのかも。無駄にタフなのかも。

常に貧血気味だから、生理のときなんて視界が回って同じ場所をずっと見ていられなくなる。(説明下手)

  

体調不良が多くても、

田舎に住んでいるから病院に通うのは大変で

お金もないからスルーしている。

長生きするつもりはなくて

地道にお金を貯めているのだって、

死んだときにお金がかかるからで、

  

既に私は終活をしてる。

  

それでも生きたいと思うときはある。

ずっと消えたいと思っているわけじゃない。

だから決して諦めているわけじゃない。

生きたいけど、うまく生きられない。

生きたいけど、生きてるだけでご迷惑。

  

こつぶ