こつぶの戯言

30代 独身 無職 ♀ 生きるのがとても下手な人のつぶやきです。

不登校だった中学時代と、母。

中学時代は不登校でした。

その理由を母は知りません。

母は見守るタイプでした。

悪い言い方をするなら…甘いのかな。

もちろん、なかなか学校へ行こうとしない私を怒った日もありました。

でも結局、「無理せんでいい」と。

  

この頃の私は「母の人生」を考えたことがありませんでした。

今思えば、ご近所さんからなにか言われていたのかもしれません。

「あそこの娘さん、学校へ行ってないみたいよ…」とか。

お友達から子育てについて口出しされたこともあったかもしれません。

そんな話、聞いたことがないのでわかりませんけれど。

  

娘の自慢、したかったときもあっただろうなぁなんて思ったり。

どうしてもお子さんがいらっしゃる方との会話となると、子供の話になると思うんです。子供がいてもおかしくない年齢になった今、特にそう感じます。

例えば職場で子供の話になったとき、母はどう感じていたんだろう。

母は私の話をしただろうか。それとも、あいまいに答えていただろうか。

それとも、隠していただろうか。

自慢できる娘ではなかったことは確かです。

  

不幸中の幸いといいますか、私には兄弟がいます。

兄も残念ながら問題児ですが(働いてはいます)

妹が完璧だった。

妹がいてよかった。妹がいるから、母が笑っていられる。

妹には感謝しかありません。

  

最近はますます、母の人生について考える時間が増えました。

最近、立て続けに大きな不幸があったから。

離婚と、祖母の死。愛猫の死もありました。

  

母の老後を考える。

なにをするにもお金がかかりますね。

がんばってどうにかして収入を増やさなくちゃ。

動けない日があるのがとても悔しい。

ゆっくりしている余裕などないけれど

少しずつ、自分が今やれることからはじめて

やれることを増やしていけたらと思っています。

  

こつぶ