30代独身無職♀こつぶの戯言

30代 独身 無職 彼氏無 実家暮らし 猫 生きるのがとても下手な人のつぶやきです。PCからの閲覧おすすめ

所詮うわべだけの付き合い(愚痴)

私の趣味は沢山ある。

ただ、どれもこれも室内で出来るインドアならではの趣味ばかり。

その中のひとつ、ネットにとある動画を投稿する、というものがあった。

私は1年くらい続けていて、そこで出会った人も様々。

私の動画をおもしろいと言って好んで見てくれていた人から、

自分の動画を見てほしいからうわべだけで親しく話しかけてくる人」まで。

いわゆる、売名というやつ。

声を掛けてくれる人の大半は、

「自分の動画を見てほしいからうわべだけで親しく話しかけてくる人」

いわゆる、売名で絡んでくる人たちです。

  

お互い無名だから仕方のないこと。

同業者(ただの趣味を業者と呼ぶのはおかしいけれどわかりやすくするために以下そう言います)として、同業者同士繋がれば輪が広がっていろんな人に見てもらえると思っているのでしょう。

なにがめんどうって、面白いと思ってないくせに動画にコメントを残してくこと。

私は例えうわべだけのコメント・内容見てないでしょ!とツッコみたくなるコメントでも頂けたら嬉しいからついつい相手の動画にコメントを返してしまう。相手の動画、おもしろいとは思ってないんですけどね。

なにそれ結局お互い様じゃないのよ。

反省。

  

こういう人たちは自分が有名になることに必死なので、

私が相手の動画にコメントを返さなくなれば私の動画にコメントして来ることはなくなるのです。

なぜなら、決して私の動画を面白いと思ってコメントしているわけではないから。

私に自分の動画を見てほしい・私の動画にコメントを残してそこから視聴者が流れてきてほしい、そんな理由でコメントをいただきます。

コメントの内容からだいたい本当に私の動画を楽しんでくれているのか、または宣伝なのか、1年近くやっているとわかってくる。悲しい。

  

そしてとうとう、そういう付き合いがめんどくさくなった。

そういう人たちが多すぎて。

  

もちろん、「ファン」というのはおこがましいけれど敢えてわかりやすく言うことにするけど、少なからずファンはいた。

同業者でもないし、動画を上げるとすぐに見に来てくれて長めのコメントを残してくれる人たち。

このファンの方たちだけと絡みたかった。(本心)

  

この趣味のためにつくったTwitterアカウントがめんどくさい地獄のはじまりだった。

必死な同業者がうじゃうじゃ寄ってくる。

DMから「相互登録してください!」「俺の動画も見てください!」「よかったらコメントもくださいね~ww」

  

うるせぇな。

  

ごめんなさい、取り乱しました。

ほんとうるせぇ。←

私はあくまでも趣味でやっていたので、本気でその趣味で食っていこうとしている人たちの圧力と、彼ら彼女らとの温度差が凄くて息苦しかった。

ファンの方たちだけと絡みたかった。(2回目)

  

いいねやRT返し目的のいいねRTしんどい。

↑これわかりますか?

いいねやRTしてやってんだからお前も俺様のツイートにいいねとRT返せよな」の、いいねやRTです。

私としては商売でやっていこうと思っていないので「なんであなたのつんまんない動画の宣伝にいいねとRTしなきゃいけないの? おもしろければ勝手にいいねもRTもしてますけど」感がすごかった。

  

※私もたとえばその趣味でおこづかい稼ぎくらいしたいな、と思っていたら、いいねやRTしまくっていたことでしょう。

だからわかるのです、気持ちは。

少しでも宣伝・拡散したいその気持ち。

  

だから無理しない程度にいいね返し、RT返しをしていたのですが、

やっぱりなんでこんなことに時間を費やさなきゃいけないんだ、この人のこと応援してないのに。と思った次第です。笑

  

そんな矢先に変な人に目をつけられて(わかりやすくストーカーと呼ぶ)、ストーカーから逃げるようにこの趣味から足を洗ったわけです。

それはつい最近の出来事でした。

  

ですが、動画を投稿するのはやめましたが、もともと人の動画を見るのが好きだったのでその趣味は健在。

「同業者ではなくなったけどこれからもよろしくお願いします、遊びに行きます」

というような内容のメッセージを、

“同業者だったけど私の動画を好んで見てくれて頻繁にコメントもくださってTwitterでも沢山雑談させていただいた、最も仲良くさせていただいた方数名” に送ったんですね。

返事が返ってきたのは2人だけでした。

  

( ゚Д゚)

  

お前らもうわべだけの付き合いだったんかっ!!

同業者くそくらえだなホント。

  

ごめんなさい、こんな言葉リアルでは使ったことがなかったのですが、

悲しみをごまかすために使ってみました。

私は好きで見てましたよ。でももう見ません。←

頃合いをみて、チャンネル登録も解除しておきます。

ありがとうござんした。(やけくそ)

  

唯一フレンドリーにお返事をくれた2名。

今後も応援しております。心から。

  

手の平かえされた こつぶより

生き方を考える人って

この前テレビで、

将来の夢は何ですか?としか聞かない日本人に物を申している人がいた。

教育先進国では、

「将来の夢は何ですか?」のほかに、

その夢をかなえるためにどう生きていきたいか、

どうありたいか(どんな人間でありたいか)、

と聞くらしい。

日本人の子供たちに聞いても、そのほとんどが答えられないとのこと。

  

漠然と何になりたいという夢はあっても、「生き方」までは考えない。

そのせいか挫折した後の立ち直りがダントツで悪い日本人。

  

確かにYahoo!知恵袋とか見てると死にたいマンが沢山いる。

・成績が悪い。死にたいです。

・彼氏に振られました。もう生きていたくないです。

・将来が不安です。死にたい。

・なにもかもうまく行きません。死んだ方がマシ。

・将来の夢なんかありません。早く死にたいです。

 

遅かれ早かれ人は死ぬんだけどね。

私は流れに身を任せて生きている。

優雅に流れる雲を眺めながら波に揺られていると

突然豪雨に襲われることもあれば

かわいい魚と出会うこともあれば

大木がぶつかってくることもあるし

羽ばたいていく鳥を眺めたり

青い空を仰いだり

歌を歌ったり

陸から笑い声が聞こえたり

同じように流れている人もいたり

キューバダイビングしている人と出会ったり

鳥にうんこ落とされたり

鼻から水が入ってきたり

流れるだけでなくちょっと泳いでみたり

たまに陸に上がることもあるけど、

すぐにまた波に揺られにいく。

なにもしなくてもいろんなことが起きる。

  

なにこの水死体みたいな生き方。

  

水死体は自ら陸に上がらないけどね。

上げられること・打ち上げられることはあっても。

  

たまにはみんなも波に揺られてみるのもいいかもですよ。

ただ、私のように突き落とされるのではなく

ちゃんといつでも陸に上がれるように浮き輪を持ってね。

  

ちなみに別に居心地はよくない。

もう少しがんばって陸に上がろうと思った。

  

こつぶ

子供は好き。でも。

大抵の女性は20代半ばに差し掛かったころから

「彼とはどうなの?」

「結婚の予定は?」

「うまくいってるの?」

「彼氏いないの?」

「いい人いないの?」

「そろそろ相手見つけないと」

などと周りから言われはじめ、

30目前になるとそのプレッシャーは凄まじい。

  

30超えると私の場合は逆に気を遣われてなのかあまり言われなくなった。

それはそれで悲しいような、ありがたいような、複雑な感情。

  

私には「普通の結婚願望」がないので、焦りというものはあまりない。

将来への不安はなくはないけど、長生きしたいと思っていないので年取って孤独死するほど生きてるか不明。

(今生きている理由は母が悲しむから。そして面倒を見ると決めた猫がいるから。それだけ)

  

とはいえ、世間体だったり親が心配しているので「いい人」との奇跡的な出会いがあれば結婚したいとは思う。そういった意味での結婚願望はなくはない。

でも、その「(私にとって都合の)いい人」はいない。奇跡でもおきない限り、いない。

私の場合条件が多すぎる。

まずひとり好きすぎて、ひとりの時間を邪魔してこない人がいいし

自分のことくらい自分でやってくれる人がいいし(結婚した途端に奥さんになにもかもまかせるのが当たり前な風習に驚く)

頼りになる人がいいし

収入は最低限あればいいけどお金遣い荒くない人がいいし

口が悪くない人に、自制心がある人、それから両親を大事にされている人、しょっちゅう実家に帰るの許してくれる人、動物が好きな人、顔は普通、それから…………

  

他にも諸々条件があって、それらの条件に当てはまる人が奇跡的にいたとしても、その奇跡的な人が私を選ぶかって言ったら、

選ばない。

相手にも選ぶ権利がございますもの。

  

だからそんな奇跡的な人が現れて奇跡的に私のことを好きになってくれたら奇跡的に結婚できるでしょうけれど、まず普通に考えてありえない。

宝くじで1000万円当たる確率のほうが遥かに高い。

  

そして、子供の話。

子供は好き。(生意気な子供は好きじゃない笑)

子供は好きだけど、育てる自信はない。客観視して、自分のことで手いっぱいなのに子供の面倒をみれるだろうかと考える。子供はペットじゃない。ごはんをあげてトイレを用意してときどき遊んであげればいい、なんてそんなものじゃない。

  

女として生まれてきた以上、自分のお腹の中にもうひとつの命を宿し、母となる…そんな神秘的な体験をしてみたいとは思ったことがある。

でも、漠然と「子供かわいい。ほしい」という理由だけで産むと、きっと子供がかわいそうな人生を送ることになりそうです。

  

年齢的にもこれから奇跡的に結婚して子供を授かることがあったとしても高齢出産になる(高齢出産とは、女性が35歳以上で出産すること35歳以上の初産婦)。

私はまだ35にはなっていないけれど、普通に計算して今から出会ったとして結婚して子供を産むって、そのくらいの年齢にはなっているはず。

私にはいろいろ厳しい。

  

子供はもうきっと産めない。私みたいな者が産んではいけない。

  

子供虐待のニュースなどを見ると悲しくなる。なぜ親になったのか。

親としての愛情と責任はどこにいったのか。

なんのためにその子は生まれて来たのか。

  

私は親から叩かれた記憶は1度だけある。

塾をさぼったその日だけ。

しかも私をひっぱたいた母は、叩き慣れていないのか「ごめんね、お母さん、ほんとうは叩きたくないんよ。でもね、なにも言わずにさぼったりしちゃいけんのよ。痛かったね、ごめんね」と何度も謝っていたのを覚えている。

怒るの下手か。笑

きっとその手を振り下ろすのにすごく迷ったに違いない。

きっと母自身、心が痛かったに違いない。

それ以来叩かれたことはないけど、玄関の外に追い出されたことはある。

漫画本買ってよぉ~!!と泣き叫んでたら追い出された。笑

すぐに家に入れてくれたけど。

母も父も、怒るのが下手な人だった。

  

子供が親にしてくれる、などという言葉があるけれど

必ずしもそうじゃない。

子供が出来ても親になれない親もいる。

  

親って何だろう。

  

こつぶ

ゾンビはゾンビなりに復活した

ゾンビ化していた私ですが、

最近は割とテキパキ動けている気がする。

  

収入に関して少し変化があった。

相変わらずまともに働けないではいるものの、

イラスト関連でお小遣いを稼ぎ、

最近はそれともうひとつ、ハンドメイドものでの収入もちびっと、入ってくるようになった。

  

私自身、もともと何かを作るのは好きだった。

でも決して器用ではなく、物覚えも悪いから凝ったものは作れない。

まだまだ半人前だけど、既に手作りのものが売れたので(ひとつ1000円以上で)少しずつがんばってみようかなと思ってる。

ちりも積もればなんとやら。

この言葉は努力にも当てはまるのでしょうか。

少しずつでも努力していれば、いつか大きな成果を得られるのでしょうか。

  

そんなに人生甘くねぇよ!

  

そうだった。既に経験済みだった。

まともに働けなくなってから少しずつ努力できるところはしてきたけれどその結果が今なのだから。

  

精神的な問題は昔より遥かに良くなってはいる。

今も時折心が病むことはあるけれど、昔ほどじゃない。

不幸中の幸い、私は誰かを自分の闇に引きずり込んだりはしない。

例えば誰かに「死にたい…」と言ったりLINEしたり

誰かに「構って」とすがり、構ってくれないとTwitter等で病みツイートしまくったり…と、いわゆるメンヘラ的なことは一切しない。

(ブログ内では自分を晒け出したいと思っているので例外)

そもそも構ってほしいと思わない。一人大好き人間だから。

だから誰かに依存することもない。

なので一人が嫌いな寂しがり屋さんよりは病むこともない。

  

自分に嫌気がさして将来が不安になって(長生きするつもりなど毛頭ないのに)自己嫌悪に陥り病む、という流れが多い。

  

とにもかくにも最近の私はお小遣い稼ぎと趣味を堪能している。

あいかわらず酷い不眠症は続いているけれど、不眠なのが当たり前になっているからわざわざ「今日も眠れない」と報告するほどでもない。

私にとって「今日も眠れない」は、みんなにとって「今日も仕事」と同じくらいの当り前さ。

「今日は仕事休みラッキー♪」=「今日はめずらしく普通に眠れたラッキー♪」でございます。

  

長らく更新していなかったからもうブログを消してしまおうかと思って久しぶりにブログを開いたのだけど、

気が付いたら色々と綴ってしまった。

  

こつぶ

 

 

 

ゾンビのように過ごしてる

死んだ魚のような目をして

数時間、ゾンビのようにだらけていました。

体がだるすぎて誰かと交換していただきたい気分。

  

PCで文章を打つのに両腕をキーボードの位置まであげているのがダルく、首も座っていない子供みたいで傾き、顔は死んでいる。

なので打ち間違いも多く、そのたびに打ち直しているんだけどそれもだるくてだるくてしょうがない・・・

それでもブログを書く気力はあるようです。

変なの。

  

なにかしなくてはと思ったんです

PC起動させるのに起き上がり、電源ボタン入れて床に倒れ込み、30分ほどして椅子に座り、ブログにアクセスして今文章を綴っている。

特に書きたいことはないけれど。

とてつもなく体がだるくて顔が死んでいる、ということしか書く気力がない。

  

なにかしなくちゃ、と思う考えだけでもあってよかった

それさえもなければベッドに横たわったままだった

無理に体を起こしてでもなにか小さなことでもやっていれば少しずつ動くモードに入ってくれる時もあるし、小さなことでもやり始めた途端に体が震えてなにもやる気が起きずに倒れ込むときもある。

  

そんなときに姿見にうつる自分は10才ほど老けて見える。

体がいうことを聞かないだけで頭は正常なので「こりゃいかん」と思うのです。

いくらなんでもこりゃいかん、と。

手ぐしで髪を整えて、「あぁ…腕がだるい…」とベッドに倒れ込む。

  

今日はよく倒れた

  

今日はって、もうとっくに新しい日付になってる。

この中身のない文章も、ちょこちょこ休憩を挟みながら書いている。

きょうはしんどい。

とてもだるい。

でも、ちょびっとだけ仕事した。

仕事と言える仕事ではないけれど。

  

私は長年の不眠症なので、顔色はいつも悪い。

やばいお薬にでも手を出しているんじゃないかってくらい悪い。

目のクマは黒。青でも茶色でもない、黒。

黒いクマは自分では治せないんだってさ。

コンシーラーさまさまです。

いつも隠しきれていないけれど。

おしまい。

  

眠れないし、ちょっと少しずつ、体動かしてみる。

  

こつぶ

こじらせBBAの好きなタイプとか誰が知りたいねんって

  

不眠症、こつぶです。

暇をしているのでもうひとつなにか書きます。

  

「俺についてこい!」っていうタイプが苦手。

「ひとりでいってらっしゃい」って思うのです。

「俺を信じてくれ!」っていうのと同じで、

信用できる人は信じてくれなどとお願いされなくても信じてる。

だから、俺についてこいアピールをしなくても、

この人にならついて行きたい!と思える相手なら勝手について行く。

俺様気質の熱い男、が苦手。

二次元ならまだしも三次元でそれはキツイ。(※個人的に、です)

  

私は恋愛体質ではないのでなかなか人を好きになりません。

人として、友達として好きにはなるけど、恋愛感情が生まれることが滅多にない。

そんな私の好きな男性のタイプは・・・

よくある「好きになった人がタイプ」という超絶つまらない答えしか出せない。

なのでこれまでお付き合いしてきた人の共通点をあげてみることにした。

  

・冗談が通じる

・真面目過ぎずバカすぎない

・仕事には真面目

・大らか

・しつこくない

・よく笑ってくれる

  

…こんなところでしょうか。

とはいえ、おとなしい人も好きだから上記に上げたものが好きになる条件とは限らないようです。

見た目は可もなく不可もなくな顔が好き。

たとえば友人に彼氏の写真を見せた時、「あー、いい人そうやん」って当たり障りのない感想が返ってくる顔の人。けっして「かっこいいじゃん!」とも「えぇ~…」とも言われない、「いい人そうじゃん」って言われる顔の人。笑

でも強面の顔も好き。特徴(愛嬌)がある顔の人も好き。

(例:遠藤憲一さん、ムロツヨシさん)

整っている顔の人はかっこいい!とは思うけど思うだけ。綺麗な女性を見て綺麗!って思うだけと一緒。好きなタイプとは違う。でも目の保養になりまくり。

  

そういえば、「※ただしイケメンに限る」って、本当は「※ただし、私の好みの男性に限る」なんですよね。

イケメンかどうかって人によって違いすぎますし。

星〇源さんをイケメンだという人もいれば、イケメンじゃないでしょ…という人もいる。濃い顔が好きな人、薄い顔が好きな人、それぞれなので。

だからよく知恵袋で、女ってイケメンがいいんだろ!って叫んでいる人がいますが、あなたをイケメンと見なす人もいるんだぞ、ってことを言いたい。

顔知らんけど。

  

こつぶ

訳あり物件(私)が婚活サイトに顔を出したってよ。

婚活サイトに久々に登録してみたんだけど(結婚願望は全くないけど世間体と親を安心させたいという理由だけの結婚願望はある拗らせ女ですが)、

  

めんどくさかった。

   

私はプロフィールに嘘偽りなく書く。

プロフを見て無理な人は最初から弾くというか、嘘をついても隠しきれないし、猫をかぶるのもめんどうだし、相手にも失礼だから。

嘘偽りなく書いても声を掛けて来れる人はいます。

その中の一人とメールのやり取りをしていたのですが・・・

めんどくさくなってやめてしまいました。

  

そもそも、『好きな人』とのメールのやり取りはいくらでも出来ます。楽しいから。

でもこういうサイトって、『好きになるかどうかもわからない知らない人』と長々とやり取りをしなければならない。

かといって、すぐに会おうとしてくる人は信用できないし(どんな人かもわからないのに会いたいとも思わない)。

だからメールのやりとりからきちんとしてくれる人に好感を持って、会ってみたいなと思えたらはじめて次のステップに進むのだけど、好きでもない人との当たり障りのない会話のめんどくささは凄まじい。

  

婚活サイトって私も含めてなにかしら問題がある人が多いのです。

いや、婚活サイトに限らず、ですね。早々結婚した人は問題のない人、とは言い切れませんし。普通に出会った相手ならまともだ、とも言えませんし。どこで出会おうが変な人は多い。

でも婚活サイトでわかるのは、メールのやり取りの段階からおかしな人が多い。(以前経験済み)

お断りのメールを送った途端に豹変する人も。

豹変したときは「やっぱり私の目に狂いはなかった。断ってよかった」とホッとする。そして次の被害者(女性)に同情する。

  

私は性欲があまりないので、性的関係から入ることはまず絶対にないので、これまでこういうサイトで会ってみた男性が何人かいましたが、やり捨てされたことはありません。

一夜限りとか吐きそうになるくらい嫌悪感しかないので、気になっていた男性が相手でも、ホテルなどに誘われた時点でドン引きしてしまって「なし」になってお断りしてきました。生に関して潔癖であることと、「この人は彼女でもない人を平気で誘える人なんだな」と思ってしまうので。

  

ホテルに誘われたときに私が断った方法ですが、「う~ん、次でもいい? 今日はいきなりすぎるから。いつ会える?近いうちまた会える??^^*」です。

もちろん会う気など1ミリもない。次があると思い込ませるための嘘です。

なんなら「じゃあ次会うときは可愛い下着つけてこようかなー♪」とでも言っておけばいい。次はないのだけど。

(※絶対に逃れられるわけではないので参考までに)

  

たぶんもう今後、よほどのことがない限り婚活を再開して誰かと会って…という流れは無さそう。

でも経験談はいくつかあるのでそのうち気が向いたら過去の婚活経験談をネタにしようかなと思います。

私はガードがすこぶる堅いのでめちゃくちゃ選抜しまくって「この人なら!」と思った人としか会わなかったけど、それでも気持ち悪い人、多かったですよ。

だから婚活サイトを利用しようと思っている人は男性も女性も猫をかぶっているものだと思ってください。

  

私が20代の頃に婚活サイトで会おうと思えた男性は、

・メールのやり取りをきちんとしてくれる。

・すぐに会おうと言ってこない。

・趣味志向が合う。

・ありがとうやごめんなさいが言える。

・冗談が通じる。

・YESマンじゃない(なんでも「そうだね^^」と合わせてこない)

・年齢に関係なく文章が丁寧。

・写真見せてとすぐに催促してこない。

・しつこくない。

・返事が来ないからって何通も連続で送ってこない。(催促?)

・LINE小分けに送ってこない。(小分けにしてくる人が苦手)

・質問には答えてくれる。

・会話のキャッチボールが成り立つ。

・自制心がある。

・家族を大事にしている。

・仕事が安定している。

・動物好き。

・見た目重視じゃない。

・自撮り頻繁に送ってこない(たまにいるんですナルシスト)

・女々しくない。(男らしい人が好きだったので、女子みたいなメールを送ってくる人が苦手でした)

・※他にもあったような気がするけど忘れたので思い出したら追記します。

  

──で、会おうという話になったときに、夜会おうとしてくる人はもうそこでサヨウナラでした。

  

私が実際に相手と会うときに決めていたこと。

・時間帯は朝か、昼過ぎから夕方まで。(夜には会わない)

・場所は人が多いショッピングモールなど。

・割り勘。

・相手の車には乗らない。送るよと言われても乗らなかった。

・どんな相手だったとしても後々めんどうなことになりたくないので笑顔で対応、もう二度と会いたくないと思っていても「また会いましょう」と言われたら「ぜひ^^」って言いながら別れたあとに無表情でブロック。良い人だった場合は、めちゃくちゃ真面目にお断りメールを送っていました。自分にも非があることも書いてきちんと謝罪を。

  

などなど。

   

ちなみにここまで個人情報(本名も)教えていない徹底ぶりでした。なので後々めんどうになったこと(脅されたりとか)はありません。

本名を聞かれることがあったけど、「以前怖い目にあったのでもっと仲良くなってからでいいですか?」と言って難を逃れていました。大抵は理解してくれますが、しつこく聞いてくる人はもうその時点でサヨウナラでした。

しつこい人ってそれだけを理由にでもやめといたほうがいいですよ。友達でもなんでも。

自分の思い通りにいかないと気が済まないわがままな人が多いから。

  

LINEのIDも教えませんでした。

「以前怖い目にあったから」とか「ID設定してないから」とでも言って相手のIDを聞いてこっちが検索するか、LINEのQRコードを相手に教えると(送ると)いいです。

QRコードって更新できるのでとても便利。

教えてともだち登録したあと、更新しておけばもう送ったQRコードは使えないのでどこかに晒されても大丈夫です。

自分の身は自分で守りましょう。思っている以上に変な人は多かったですよ。

  

そんなこんなで、お付き合いに至った人もいました。

3年半くらい付き合いました。

別れた原因はマンネリと若さゆえの自制心のなさでしょうか。当時私も病みやすかったですし彼は彼でわがままなところがあってちょっとしたことでイライラするようになってしまい、すれ違いが多くなりました。互いに子供だったなと思います。

その割には円満に別れましたけれど。

  

今回、久しぶりに婚活サイトに顔を出してみて思ったのは、

やっぱり私は恋愛不適合者だな、と。

男性のプロフィールを見ていると「寂しい思いはさせません!毎日LINEします!」ってアピールしている人がいるけど私は毎日連絡来なくていいタイプだし。毎日毎日毎日毎日「今何してる?」というLINEが送られてくるのしんどかった(経験済)。

毎日毎日毎日毎日「今日はこんなことがあった」という日記のような報告。

…いらないのです。そういうのは20代前半で卒業した。

(卒業したと同時に“可愛げ”も失ったわ…悲)

  

あとこれ大声で言いたいのですが、

  

プロフィールに「よく人から優しいねと言われます」って書いている人のその言葉は信用してはいけません。

  

こういうことを書いている人に限ってお断りメールを送ると化けの皮が剥がれて本性見えて怖かったです。

まったく優しくない。

なにをして優しいねって言われたのでしょうか。

正直、優しいね、とわざわざ言ってくれるその友達が優しいんじゃないの?と思う。

本当に優しいのかどうかは自分で確かめないと、ですね。

 

私も友人から「こつぶは優しいから」って言われますが、

別に優しくはありません。普通です。

そして相手による。嫌いな人にまで優しくできるほど心広くはないの。

   

こつぶ